menu

もう何を書くか悩まない!企業ブログのネタ切れを防ぐ8つのアイデア

CAREECON
4826

目次(この記事の内容)

  1. 周囲の様々な人に聞いてみる
    1. 社内の他部署に聞く
    2. お客様に聞く
    3. 家族に聞く
  2. ネットで探す
    1. Googleサジェストでお客様候補の興味を知る
    2. Q&Aサイトでチェック
    3. Yahoo!の検索トレンドから話題を知る
    4. 企業ブログから地域の話題を収集する
    5. 過去の記事を見直す
  3. まとめ

広告に頼らず集客できるコンテンツマーケティングが定着するにつれ、企業ブログ(ビジネスブログ)の重要性も上がってきています。ただ、最初は良くても、コンスタントに続けている企業は少ないものです。理由を聞くと、「ネタが見つからない」という答えをよく聞きます。そこで今回は、「企業ブログのネタ探し」の実践的な方法をご紹介します。




周囲の様々な人に聞いてみる

社内の他部署に聞く

社長、営業、総務など、他部署のメンバーに世間話風に聞いてみましょう。

  • お客様からよく質問されることは?
  • お客様に喜ばれたり、感心されたことは?
  • 最近仕事で発見したことは?

など、堅苦しくなく聞いてみると、「そういえば」とネタが出てくるかもしれません。

お客様に聞く

現在お付き合いのあるお客様、これからお客様になってほしい方に会うことがあれば、ストレートに「ブログのネタを探していまして」と聞いてみます。お客様に会う部署でなくても方法はあります。

  • 営業に聞いてもらう
  • お客様からの問い合わせやクレーム内容の記録をチェックする
  • 営業同行させてもらう

など。ブログのネタに限らず、仕事のヒントになるかもしれませんので、手間をかける価値はあります。

家族に聞く

自分にとって当たり前でも部外者が知らないことは多いものです。他人の場合は話を聞いてくれないか、遠慮して正直に答えてくれない場合も多いので、家族にいろいろ聞いてみます。その中で、説明しておくべきことや、商品やサービスの意外な使い方などのネタが発見できることがあります。

ネットで探す

Googleサジェストでお客様候補の興味を知る

出典:Google

Googleサジェストとは、Googleの検索窓に文字を打っている途中で「検索したいのはこれですか?」と提案してくれる検索候補です。Googleに蓄積された膨大な検索データに基づいて予測されているそうです。調査によると、サジェストの結果そのままで検索される確率は9割近いということですので、自社の業界、商品、サービス内容、地域などを入力して出てきたサジェストの単語が、お客様の興味だと考えられます。

サジェストの単語は、ブラウザソフトでは5つ程度しか出てきませんが、もっとたくさん見せてくれるツールもあります。そのリストを見ながら、ブログ執筆意欲の湧くテーマを選んでみてください。

★Googleサジェスト用便利ツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

Q&Aサイトでチェック

お客様から直接聞くことが難しければ、ネットで質問を探せるサービスがあります。それはQ&Aサイトです。代表的なのは下の3つ。それぞれ特徴がありますので、一度自社の業界や商品カテゴリに合うのはどれか、チェックしてみてください。

出典:質問&回答(Q&A)コミュニティ「教えて!goo」

出典:質問・疑問に答えるQ&Aサイト「OKWAVE」

出典:みんなの知恵共有サービス「YAHOO!知恵袋」

Yahoo!の検索トレンドから話題を知る

自社の商品やサービスを起点に考えてばかりいると疲れてしまいます。そんなときは、世の中の人が興味を持っているトレンドを見て、それを手がかりにネタを作っていくという方法もあります。

出典:YAHOO! JAPAN プロモーション広告|公式ラーニングポータル|検索データ

年中行事や大きなイベントなどがリストになってチェックできますので、そこに自社や自社の商品・サービス、自社の過去の出来事などを絡めてネタにしていきます。

企業ブログから地域の話題を収集する

企業ブログで「ランチにこんな料理を食べました」や「週末にこんなイベントに行きました」という生活ネタ、内輪ネタは逆効果の場合があるとよく言われます。しかし、地域密着の会社で、特に住宅や自動車、不動産賃貸、家具など商品の購買サイクルが長い場合、情報収集してから契約までの検討期間も長い場合が多いものです。そんな会社では、ファンになってもらい、必要なときに自社を選んでもらうというファン戦略も有効です。その場合は、地域の話題も読者の役に立つ情報です。

  • その地域にできたお店にいち早く行って報告する
  • 地域で開催されたイベントに参加して報告する

といった生活ネタもブログ記事として理に適っています。

ただし、行ってみた、食べてみたという報告と感想だけでなく、「お客様が行くとしたら」という視点で記事を作ることをお忘れなく。

過去の記事を見直す

意外と盲点なのが、過去のブログ記事の見直しです。Googleアナリティクスのアクセス解析と合わせて見ると、数字に基づいてネタを考えられます。

たとえば、

  • 載っている商品や関連法規、金額などが古くなっている記事を新しく更新します。そこに新しい解説や写真などを加えれば、立派な記事になります。アクセスの多い記事から順番にやっていきましょう。
  • 続きを書けそうな記事も見つかるはずです。続編でもいいですし、記事中の一部だけをより詳しく解説してもいいでしょう。
  • 「~~なことがあったら報告します」などと書いてある記事もよくあります。結果が出ていれば報告しましょう。

まとめ

会社ブログやビジネスブログは広告のように費用もかからず、ずっと掲載され続ける息の長いコンテンツです。ただ、掲載が止まると検索順位が落ちてきますし、ファンも離れてしまいますので、しっかりネタを出して、更新し続けてください。

【こちらの記事もおすすめ!】

読みたくなる「企業ブログの記事タイトル」を付けるための4ステップ

会員登録して、CAREECONを便利に使ってみませんか?

CAREECONは建設業界特化の完全無料マッチングサービスです。

  • \会員のメリット/
  • 気になる会社に直接メッセージを送れる
  • 工事案件 / 空き情報の投稿で、仕事の獲得や人手の募集ができる
  • 分析機能により、他社からどれくらい興味を持たれているのかが分かる
  • 施工事例の投稿で自社の実績を他社にアピールできる

その他、会員限定機能が多数!
会員登録は完全無料です。

無料会員登録へ進む

カテゴリー

建設業界

もっと読む

2019年4月にスタートした「建設キャリアアップシステム」、そのメリットは?

CAREECON
108654

「新・担い手三法」の成立で登場した新資格「技士補」、施工管理技士の検定制度の変更とは?

CAREECON
57998

人事・採用

もっと読む

取得しやすさ重視!建設業界で役に立つ資格ガイド

CAREECON
12729

【建設業の求人成功講座①】ネットで人材募集するときの求人媒体の種類・料金相場・特徴まとめ

CAREECON
10264

マーケティング

もっと読む

「価格重視」から「中身重視」へ、客層のシフトに成功したエクステリア施工店のホームページ施策

CAREECON
2178

「とりあえずあればいい」と思っていたホームページが、年間3,000万円の受注を生むサイトに成長した理由

CAREECON
1407

インタビュー

もっと読む

【インタビュー】 女性として、女性らしく建設重機を乗りこなすのが夢

CAREECON
765

【インタビュー】 常に笑顔を絶やさずに 現場を支える若き女性取締役

CAREECON
295

雨でいきなり現場が流れた!そんな日にオススメしたい職人さんの過ごし方

CAREECON
18193

女性の力強さを今。人材不足の救世主

CAREECON
499

求人情報

もっと読む

現場作業員【エアコン取付・メンテナンス】正社員・残業代支給・保険完備

株式会社 MUGEN AIR WORK
214

【経験者】土木作業員(保険完備/地場に根付いて60年の安定した企業で働きませんか?)

株式会社 鳶安西工業
296
会員登録バナー