menu

『Googleしごと検索』(Google for Jobs)は建設業の人材を確保する救世主となるのか?

Icon 72x72
CAREECON
13
Large image google%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a8%e6%a4%9c%e7%b4%a2

「スマホは1人に1台」と言われる今の時代、若い世代に限らず求職者はネット検索で求人情報をチェックすることが一般的です。Indeedに代表される求人情報サイトは、求職者のニーズを的確に捉えていることもあり、利用者数もウナギ上り。そんな中、あのGoogleが2019年1月23日からスタートさせた新サービス「Googleしごと検索」(Google for Jobs)に注目が集まっています。では、このGoogleしごと検索とは一体どのようなシステムなのか、またGoogleしごと検索は、建設業の求人においてどのような効果をもたらしてくれるのか、その可能性や上手な活用方法について解説します。

「Googleしごと検索」とは?

皆さんご存知のとおり、Googleはインターネットの検索エンジンです。知りたい情報に関するキーワードを入力すれば、検索者のニーズに最も近いと思われるサイトをGoogleが順位をつけて表示します。Googleしごと検索も同じ要領です。

つまりGoogleしごと検索は、求人専門の検索エンジンと言うことができます。検索ユーザーは、Googleでお馴染みのキーワード入力欄に求人キーワードを入力するだけ。例えば、求職者が「電気工事士 求人」というキーワードで検索したとします。するとGoogleは、検索ユーザーのデバイス情報をもとに、ユーザーの近隣エリアを中心とした「電気工事士」に関連する求人情報をトップページに表示します。表示の対象となる求人情報は、企業の採用ページや複数の求人サイトの中から選定されます。

訴求力が高い形で上位表示される求人情報は、3件までです。

訴求力が高い形で上位表示される求人情報は3件まで

情報量にもよりますが、検索ユーザーは、以下100件以上の求人情報を閲覧できます。

100件以上の求人情報を閲覧できます

またGoogleしごと検索は、検索ユーザーによる職種や勤務地までの距離などの様々な条件での絞り込み検索にも対応しています。

Googleしごと検索で表示されるたった2つの方法

では、Googleしごと検索で表示されるためにはどうすれば良いのでしょうか?
その方法は2つ。

1)求人サイトに自社の求人情報を掲載すること

2)もう1つは自社の採用ページを公開すること

です。

ただし、ある条件が必要です。Googleしごと検索は、求人専門の「検索エンジン」です。そのためGoogleのクローラー(ロボット)が、自社の求人情報を読み取れるように細工されていなければなりません。

専門的に言うならば、求人情報のページに「構造化データ」を追加(コーディング)する必要があるということです。たとえばこんな形です。

Googleしごと検索のcode

これを見るとITが苦手な採用担当者は「お手上げ」になるかも知れませんが、心配はいりません。「engage」や「求人ボックス」「ハローワーク」など多くの求人サイトは、Googleの「構造化データ」のコーディングに対応しています。そのため、対応済みの求人サイトに掲載した自社の求人情報がGoogleしごと検索に反映される可能性は十分にあります。上の画像を見ていただいても、上位の求人情報は「提供元:ジモティー、ハローワーク、求人ジャーナル」など、求人サイトがほとんどです。

一方、自社サイトの採用ページを反映させるには、ページのコーディングに加えGoogleにサイトマップをリクエスト送信する必要があります。これもクローラーに採用ページをキャッチしてもらうためです。この作業を「インデックス登録」と呼びます。

求職者にがっちり訴求する上位表示を狙う方法

上記の方法を用いればGoogleしごと検索に表示される条件は整いますが、できることなら上位表示されて求職者に強く訴求したいですよね。そこで、Googleしごと検索で上位表示されやすいページについて考察してみます。Googleしごと検索は、検索ユーザーつまり求職者が入力したキーワードや、デバイス情報をもとに求職者にとって最も有意義とされる順にランキングされる特徴があります。その特徴を解析してみると、主に下記のような求人情報を優先する傾向があるようです。

● 就業場所が明確に記載されている求人情報

Googleクローラーは検索ユーザーの住所に近い就業場所を上位表示の候補として認識します。そのため、求人情報に就業場所の記載は必須です。郵便番号を含め、住所を明確にしておきましょう。自社サイトの採用ページで複数の就業場所がある場合は、下記のようにコーディングすると、同一ページ内に複数の就業場所を掲載しても、検索ユーザーの住所と照合されます。

Googleしごと検索のcodeその2

● 仕事内容や給与などの待遇面・会社PRなどが詳細に記載されている求人情報

勤務時間や休日、給与などの基本情報はもちろん、就業で得られるスキルや残業に関する情報などが多く記載されていると上位表示される傾向が高いようです。クローラーが内容や文字数を重視していると推測されるので、全体で1,000文字以上を目安に構成すると良いでしょう。

● 口コミ評価の高い会社の求人情報

「カイシャの評判」や「キャリコネ」など、企業の口コミサイトからの引っ張りも見受けられるようです。しかし、こればかりは外的要因となるので自社では操作できません。ただし、このような要素もクローラーの認識を左右するということを頭に入れておくと良いでしょう。

Googleしごと検索で上位表示されやすい求人情報の特長をいくつか挙げました。しかし、上位表示を狙うあまり、無理に就業場所や給与などのキーワードを詰め込むと「手動対策」としてGoogleしごと検索の求人ボックスから除外されてしまいます。Googleしごと検索で確実な上位表示を狙うためには、戦略的でありながら誠実かつナチュラルな構成で求人情報を作成することに注意を払う必要があります。

Indeedとの違い

今や、求人情報をネットで検索することは当たり前の時代です。Indeedはその代表格。テレビCMの影響も手伝ってか、幅広い世代に認知されています。IndeedとGoogleしごと検索はどちらも「求人サイト」ではなく「求人検索エンジン」のカテゴリになります。似たもの同士ですが、双方には決定的ないくつかの違いがあります。

下の表でも分かるようにIndeedは求人検索エンジンでありながら、専用の管理画面で求人情報を作成して掲載できます。また、Indeedは有料スポンサー枠を設けており、スポンサー費用を支払った会社の求人情報が上位表示されます。これらの違いを比較すると、求人検索に特化したIndeedのほうが、採用担当者にとって使い勝手が良さそうな印象を受けます。

Googleしごと検索とIndeedとの違い

IndeedとGoogleしごと検索は、独自のアルゴリズムで求人サイト内の掲載情報を表示するシステムです。しかし面白いことにGoogleしごと検索はIndeedに掲載しているオリジナルの求人情報を表示しません。敵対意識でもあるのでしょうか?その理由は明らかになっていませんが、Indeed vs Googleしごと検索のような構図を意識してしまいます。

Googleしごと検索を活用する上でのメリット&デメリット

一見、求人検索エンジンとしてはIndeedに分があるように見えますが、Googleしごと検索を活用するメリットにはどのようなものがあるのか?またデメリットとは?採用担当者と求職者の双方の立場から見てみましょう。

採用担当者へのメリット&デメリット

Googleしごと検索の採用担当者側のメリット&デメリット

Googleしごと検索を活用するにあたり、採用担当者に与えるメリットのひとつに、余分なコストをかけずに効果が得られることが挙げられます。前述のように、Indeedで常に上位表示させるためにはスポンサー広告費を支払わなければなりません。無料掲載のままだと掲載してから数日も経たずに、どんどん下位に埋もれてしまい求職者の目にとまらなくなってしまいます。

その点、Googleしごと検索では、しっかりと上位表示の対策さえしておけば、常にターゲットとなる求職者にバッチリ訴求してくれます。もちろん無料で。会社が1人を採用するまでに要する求人対策費用は概ね30万~50万円とも言われています。人材確保の競争が激しい建設業界ではそれでは済まないかも知れません。そういう意味で、高いコストパフォーマンスと訴求力は大きなメリットと言えるでしょう。

逆にデメリットとして挙げられること、それは上位表示されなければ、求職者への訴求効果が期待できないことです。先でも述べたように上位表示されるためにはGoogleのクローラーから「優良な求人情報」と認識される必要があります。戦略的に求人情報を作成する上でSEOやMEO的な要素をうまく盛り込む専門的な知識が求められるでしょう。

求職者へのメリット&デメリット

ネットカフェで就活する若い男性

求職者の場合、多くの求人サイトで求人情報をチェックするには、まず初めにその求人サイトに登録しなければなりません。Googleしごと検索はそのような煩わしい登録作業は一切いりません。普段、スマホやパソコンを使って“ググる”要領でキーワードを入力すれば、自由に求人情報をチェックできます。また、求人サイトからはメルマガや案内メールが頻繁に届きますが、Googleからそのようなメールが届くことはありません。

その一方で、Googleのアルゴリズムに則った優良な求人情報が優先されるため、情報の良し悪しに関係なく、常に最新の求人情報をチェックしたい求職者にとっては、Googleしごと検索による検索結果は一方的でデメリットとして感じるかも知れません。

Googleしごと検索に着手するならサービス開始直後の今がチャンス!

Googleしごと検索は、スタートしてまだ数か月しか経っておらず、サービス内容が今後さらに進化することは容易に予測できます。キックオフされて間もない今、Googleしごと検索の対策に本格的に取り組んでいる会社は少数派です。特に建設業にいたってはまだ僅か。だからこそ、Googleしごと検索を使い倒すくらいの意気込みで取り組んでみてはいかがでしょうか。確かに、求人サイトへの掲載内容や採用ページをブラッシュアップする作業は専門的な知識や技術を必要とします。しかし、人材確保は待ったなしです。建設業界の先駆けとして取り組む価値は十二分にあると思われます。

なお、BRANUが建設業界向けに提供しているホームページ「eat」では、求人要望に応える機能が搭載されています。

eat

eat_Googleしごと検索投稿画面

自社のホームページに簡単に求人ページを追加作成できるほか、その求人情報は今回取り上げた「Googleしごと検索」にも連携可能です。操作画面で「Google For Jobs 」にチェックを入れると、記事で説明したようなコーディングを自動的に行い、クローラーに拾われやすい専用構造のページを見えないところに吐き出す仕組みです。

自社のホームページでの求人を真剣にご検討中の方は、ぜひ一度ご相談ください。

『Googleしごと検索』(Google for Jobs)は建設業の人材を確保する救世主となるのか?

CAREECON