menu

Webを活用するなら知っておきたい中小企業・個人事業のためのIT関連助成金/補助金まとめ

CAREECON
1246

目次(この記事の内容)

  1. 助成金と補助金の違いとは?
  2. 全国各地/ホームページ制作助成金
  3. 全国/ICTで地域の問題を解決できる事業に費用の半分を補助
  4. 全国各地/クラウドファンディング活用補助金
  5. 全国/IT導入補助金でITツール導入に上限100万円(今期終了済)
  6. 助成金・補助金の探し方
  7. まとめ

ホームページ作成やITサービス・ツールの導入をしたくても、費用がネックとなってなかなか進まないという方も多いと思いますが、その費用一部を助成金/補助金で賄えること場合があるということをご存じでしょうか。

国や地方自治体が何かの政策を推し進めたり、特定の業界を盛り上げたりするために、助成金や補助金を出すことがあります。この制度をうまく活用することで、低コストで新たな集客窓口の創出や業務の効率化が図れるかもしれません。

この記事では、その中でもIT(官公庁はICTということが多い)関連の制度を選んでご紹介します。




助成金と補助金の違いとは?

助成金と補助金、どちらも国や地方自治体から、一定条件を満たせば、返済不要で支給されるお金です。混同されている場合もありますが、違いは明確です。

・助成金=条件を満たして申請すれば「すべての事業者」に支給される支援金


・補助金=条件を満たして申請し、「審査で採択」されれば支給される支援金

補助金は審査というハードルがあり、提出書類なども多いのが特徴です。

この記事では、負担の少ない助成金を中心に紹介します。2017年9月時点で募集中のものです。

全国各地/ホームページ制作助成金

ホームページ制作費用の一部を助成する制度を実施している自治体があります。あなたの会社の自治体でも制度があるかもしれません。制作後1年以内なら申請可能な自治体もありますので、ご確認ください。ここでは代表的な自治体をご紹介します。

江戸川区「ホームページ作成助成金」

経費の半額以内、上限7万円。予算終了まで受付

上越市「IT活用販売促進事業補助金」

ネットショップ開設、モール出店、既存ショップのスマホ対応。経費の2/3以内、上限30万円。予算額に達し次第終了

長崎市「創業者広報活動支援補助金」

創業5年未満の企業。経費の2/3以内、上限20万円。2018年1月末か予算終了まで

ほか、足立区、江戸川区、葛飾区、北区、江東区、品川区、台東区、中央区、豊島区、練馬区、港区、吹田市、姫路市、赤磐市などでホームページ作成助成金制度があります。

全国/ICTで地域の問題を解決できる事業に費用の半分を補助

出典:総務省|平成29年度予算 地域ICT生産性向上支援事業に係る提案の公募

インターネットやコンピュータなどのICTを活用して、地域が直面する課題解決を図り、地域の活性化に資する事業を公募する補助制度です。審査と選考のうえ採択されれば事業費の半額を補助してもらえます。

○募集締切:2017年10月11日(水)


○補助金率:事業費の1/2(事業費の下限は100万円)


○応募条件:たとえば「クラウドサービスを活用した共通基盤の構築による営業情報の共有」のように地域の問題を解決する事業

全国各地/クラウドファンディング活用補助金

インターネットを通じて、個人から少額の資金を調達する「クラウドファンディング」を活用する際にかかる費用の一部を補助してもらえる制度が全国各地にあります。対象の自治体に本社や工場などがあり、地域の資源などを活用した商品やサービスが対象となる場合が多く、補助金の上限額は10万円~50万円程度です。

▼クラウドファンディング補助金のしくみ(山形県のサイトより)

仙台市/仙台市クラウドファンディング活用支援補助金

・補助金額:上限額50万円(補助対象経費の2/3以内)


・応募締切:2018年1月31日(水) ※予算額に達した時点で終了

山形県/山形県中小企業クラウドファンディング活用促進事業費補助金

・補助金額:手数料の1/2以内(上限額25万円)


・応募締切:2018年1月31日(水)

千葉県/クラウドファンディング活用補助金

・補助金額:経費(試作品制作費、ウェブ制作費、PR費等)の1/2で上限は50万円


・応募締切:第1回目=9月末、第2回目=10月末

ほか、糸魚川市、川越市、岩国市、沖縄市などでも実施されています。

全国/IT導入補助金でITツール導入に上限100万円(今期終了済)

出典:平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業|IT導入補助金

国の補正予算で決まった補助金で、事務の効率化や新たな顧客獲得などに役立つITツール(パッケージソフト、サービス等)の導入費用の一部を支援してもらえる制度です。業務システム、経理ソフト、セキュリティサービスなどが想定されています。今期は既に募集しましたが、来期以降も継続されそうな補助金です。チェックしてみてください。

○募集締切:2017年6月30日(金)終了済


○補助金額:導入費用の2/3以内、下限20万円~上限100万円


○応募条件:中小企業、小規模事業者

助成金・補助金の探し方

助成金や補助金は期間限定なので、この記事の情報もすぐ古くなります。時間があるときに探すようにしましょう。その際に役立つ助成金・補助金の検索サイトをご紹介します。

中小企業庁の委託事業「ミラサポ」で検索

出典:未来の企業★応援サイト「ミラサポ」|施策を探す

国と都道府県名、目的や条件、キーワードなどで検索できます。市区町村は情報登録していない自治体もあります。

中小機構主催の「J-Net21」で検索

出典:独立行政法人 中小機構|J-Net21|支援情報ヘッドライン

都道府県名、利用目的、支援制度で検索できます。上の「ミラサポ」では出てこないものも出てくることがあります。

上の2つでは検索できない助成金・補助金も多くあります。区町村は特にそうです。たとえば東京都港区や新宿区などの情報は出てきません。ですが、ホームページで調べるとさまざまな助成金が見つかります。

他にも、各地の中小企業振興公社や商工会議所の助成金を出している場合もありますので、メールマガジンなどに登録しておくことをお勧めします。

まとめ

IT(ICT)関連の助成金・補助金をご紹介してきました。今後はAI(人工知能)やIoT(モノのオンライン化)、ビッグデータなどの新技術に対する制度が出てきそうです。建設業界では、ドローン測量や3D図面などの導入助成金も登場すると思います。ぜひ定期的にチェックしてみてください。

会員登録して、CAREECONを便利に使ってみませんか?

CAREECONは建設業界特化の完全無料マッチングサービスです。

  • \会員のメリット/
  • 気になる会社に直接メッセージを送れる
  • 工事案件 / 空き情報の投稿で、仕事の獲得や人手の募集ができる
  • 分析機能により、他社からどれくらい興味を持たれているのかが分かる
  • 施工事例の投稿で自社の実績を他社にアピールできる

その他、会員限定機能が多数!
会員登録は完全無料です。

無料会員登録へ進む

カテゴリー

建設業界

もっと読む

【2020年版】建築設備士とは? 資格の概要や試験の難易度を紹介

CAREECON
15

インフォグラフィックで見る住宅リフォーム業界の現状とこれからの動向

CAREECON
3782

人事・採用

もっと読む

ペルソナ設定が重要!インターネット広告を使った採用プロモーション

CAREECON
1224

売り手市場だからこそ情報発信は重要!中小企業のホームページに採用ページが必要な理由と作り方

CAREECON
710

マーケティング

もっと読む

検索順位が事業拡大の後押しになる。クライアントサイトで行なったSEO対策の成功事例

CAREECON
767

【動画サイト比較表付き】 Web動画で効果を上げるための具体的なマーケティング施策とは

CAREECON
2826

インタビュー

もっと読む

【インタビュー】 女性として、女性らしく建設重機を乗りこなすのが夢

CAREECON
336

【インタビュー】 常に笑顔を絶やさずに 現場を支える若き女性取締役

CAREECON
207

女性の力強さを今。人材不足の救世主

CAREECON
243

Webを活用するなら知っておきたい中小企業・個人事業のためのIT関連助成金/補助金まとめ

CAREECON
1246

求人情報

もっと読む
会員登録バナー